HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

迎接山(ごうしょうざん) 宝光寺

houkouji_dscf2397

 

創立享保11年(1726)9月、開山一燈(いっとう)和尚。この山を牛沢山といい、村上城主内藤信輝(のぶてる)の火葬の地であった。内藤氏が村上城を賜ったのは弌信(かずのぶ)で、その跡を信輝が継ぐも、享保11年10月25日に没した。

 

一燈和尚は、その火葬地に観音菩薩(かんのんぼさつ)の堂を建立して像を安置した。

 

信輝の跡を継いだ信興(のぶおき)は、観音堂の維持のため山林を寄進している。

 

同寺には、里本庄から発掘された長禄(ちょうろく)3年(1459)紀年銘(きねんめい)の鰐口(わにぐち)(村上市文化財)が蔵されている。

 

墓所には、鮭育養の祖 青砥武平次、村上藩家老 鳥居三十郎、村上町校初代校長 長尾右門、皇室傅育官長(ふいくかんちょう)三好愛吉等の墓碑がある。

 

houkouji_dscf2400

 

曹洞宗 新潟県村上市羽黒町2-23

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
鹽竈神社2012/03/04
西奈彌神社2012/03/04
先頭に戻る