HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

護国山 安泰寺

antaiji_dscf2583

 

村上藩主 内藤氏の移封とともに享保(きょうほう)五年(一七二〇)村上に移る。藩主の学問所であったという。

 

戊辰戦争に村上藩が官軍に敵対した責めを一身に負い、家老 鳥居三十郎が切腹したのが菩提寺であるこの安泰寺である。

 

辞世の歌は、
  淡雪と 共にわが身は消ゆるとも 千代萬代に 名をぞ残さむ

 

明治期まで句会も多く開かれており、境内にも児玉亀六、八子露月、桃林舎(角田)青牛などの句碑が残っている。
また、参道には立ち姿の下品上生仏の九品仏がある。

 

antaiji_dscf2587

 

臨済宗妙心寺派 新潟県村上市塩町6-34

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
先頭に戻る