HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

普門山(ふもんざん) 東林寺(とうりんじ)

tourinji_img_7905

 

創立は明暦(めいれき)元年(1655)3月、開山は泉梁(せんりょう)和尚、満福寺の末寺である。その以前は妙心(みょうしん)庵と称した庵寺であったという。

 

その妙心庵に隠居生活をしていたのが、村上茶の元祖といわれている徳光屋覚左衛門(本名 土田)夫妻。ゆえに境内地には、夫妻の墓碑と頌徳(しょうとく)碑が建立されている。

 

また寺内には夫妻の肖像画がある。覚左衛門の没年は寛永11年(1634)6月26日。頌徳碑の建立は大正11年(1922)。当時の住持 竹内越岸(えつがん)の発起による。

 

tourinji_dscf2358

 

曹洞宗 新潟県村上市羽黒町8-10

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
先頭に戻る