HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

飯野山(いいのさん) 龍皐院(りゅうこういん)

ryukouin_dscf2559

 

創立は文安3年(1446年=室町時代中期・室町幕府八代将軍 足利義政公の時代)。後に、耕雲寺5世に晋住される徳嶽宗欽(とくがくそうきん)大和尚が草庵を結び、九皐庵と称して山居されたことが始まりである。

 

開山没後、新発田の宝積寺(ほうしゃくじ)より、法孫の瑚珊文愛(こさんぶんあい)和尚が来て、山号を飯野山と定め、寺号を龍皐院と改めて中興し、今日に至っている。

 

現在の本堂・庫裏は平成2年(1990)に、山門は平成9年(1997)に改築されたものである。

 

山門前には、享保2年(1717)造立の地蔵菩薩立像がある。その近くには「三ツノ山」(江戸時代の力士)の墓碑がある。

 

ryukouin_dscf2563

 

曹洞宗 新潟県村上市羽黒町12-30

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
先頭に戻る