HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

三藤山 安善寺

anzenji_dscf2310

 

創立は明暦元年(一六五五)十月十九日、開基浄貞(じょうてい)上人。楼門(ろうもん:下層に屋根のない二階造りの門)の建立は正徳(しょうとく)二年(一七一二)で、(明暦年間の説もあり)村上城下では他に類がなく、貴重な建築物である。

 

なお、復元改修工事は平成十七年である。鐘は第二次世界大戦の際に供出したが、冶工は村上の鋳物師 平野平太夫と同清兵衛である。

 

境内に立つ高雄紅葉(たかおもみじ)は、樹齢もさることながら非常に発色がよく、村上市の天然記念物に指定されている。また村上藩医でカラフト探検を行った窪田潜竜(くぼたせんりゅう)や相撲取りの羽黒嶽権五郎(はぐろだけごんごろう)の墓所でもあった。

 

anzenji_dscf2836

 

真宗大谷派 新潟県村上市小町3-34

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
鹽竈神社2012/03/04
西奈彌神社2012/03/04
先頭に戻る