HOMEおすすめ特集 > むらかみやげ

むらかみやげ むらかみやげ

村上市で生まれ、全国・世界で愛されている逸品の数々。
作り手の情熱、商品に込められた想いなどとともに紹介します。
※価格等の情報は取材当時のものです

 

 

こちらもご覧ください!
もらってうれしい・贈って喜ばれる村上の定番土産といえばコレ!

 

%e9%ae%ad %e5%9c%b0%e9%85%92 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e8%8c%b6

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%9c%a8%e5%bd%ab%e5%a0%86%e6%9c%b1 %e7%be%bd%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83

 

村上市観光キャラクター「サケリン」グッズや観光PR商品・書籍等は こちら をご覧ください 

 

 

%e7%89%a9%e7%94%a3%e4%bc%9a%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
新潟県村上市の自慢の特産品を紹介しています

 

2019/10/07

HAPPY SUGAR(ハッピーシュガー)

image

 

近頃、かわいいモノ好きの人たちの間で“缶入りのお菓子”が人気とのこと。

キュートなお菓子缶は、受け取った瞬間からドキドキ・ワクワク。
ふたを取れば、見た目もかわいい、おいしいお菓子が詰まっていて
それはもう、小さな宝石箱のようです。

 

今回紹介するのは、JR坂町駅のすぐ近くにある洋菓子店。
その名もHAPPY SUGAR(ハッピーシュガー)。

%e7%9c%8b%e6%9d%bf

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e7%bc%b6

%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%b3%e3%81%8f%e3%82%93%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

白と水色が基調のかわいい外観。
中には、色とりどりのケーキやチョコレート
焼き菓子等のお菓子が所狭しと並んでいます。

 

%e3%82%a6%e3%83%81%e3%82%b3%e3%81%95%e3%82%93

オーナーの内山智子(愛称ウチコ)さん。

大阪・奈良でパティシエールとして経験を積み
2010年9月にHAPPY SUGARをオープンしました。

HAPPY SUGARといえば、かわいい缶入りのお菓子が人気。
缶に入ったお菓子は“きちんと感”があり、贈り物にもぴったりです。

今回は、こちらで人気の缶入りのお菓子をご紹介します。

 

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%9f%e3%83%8b

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad%e7%bc%b6

チーズチーズ ミニ(850円・税込)

HAPPY SUGARの定番「チーズチーズ」のミニサイズ版。
店のキャラクター・スプンくんを打ち出したオリジナル缶に入っています。

「店の定番を作ろうと思って、一からレシピを考えた」と話す内山さん。
チーズの酸味・甘み・こくのバランスが絶妙、何度でも食べたくなる味です。

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94%e6%9c%ac

このケーキのレシピを公開したフォトブック
『チーズチーズを作ろう☆』(1,000円・税込)もあります。

 

%e3%81%8a%e8%8a%b1%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

%e3%81%8a%e8%8a%b1%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc%e7%bc%b6

お花ジャムクッキー(1,500円・税込)

缶のデザインから着想を得た、小さな花の形のクッキー。
クッキーの間にジャムをサンドし、ホワイトチョコをコーティングしています。
食べるのがもったいないくらい、愛らしくて繊細な焼き菓子です。

 

luna

luna%e7%bc%b6

木苺バターサンドクッキー【Luna】(1,610円・税込)

ビジューをあしらった、ちょっと神秘的な絵柄の缶には
木苺のバタークリームをサンドしたクッキーが端正に収まっています。
甘酸っぱいクリームとバターたっぷりのクッキーは相性バッチリ!

 

 

「缶のデザインは、お菓子のインスピレーションのもと」と話す内山さん。
缶と、缶から発想したお菓子の組み合わせは、一編の物語のようです。

缶のふたという表紙をめくれば
内山さんが手掛けたお菓子がストーリーを語り出す    

HAPPY SUGARのお菓子缶には
かわいくて、飛び切りおいしい物語が詰まっています。
みなさんもぜひ、召し上がってください。

 

 

%e5%ba%97%e8%88%97%e5%a4%96%e8%a6%b3

HAPPY SUGAR(ハッピーシュガー)
所在地 村上市坂町2395-1
電話番号 0254-62-1234
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日(臨時休業あり)
公式サイト >>> http://happy-sugar.com/
facebook >>> https://www.facebook.com/happysugar0903/

 

2019/08/27

さんぽく生業の里

%e7%94%9f%e6%a5%ad%e3%81%ae%e9%87%8cimage

日本各地で、今も脈々と受け継がれている古代布*。

新潟県の北端・村上市のさらに端、山形県との県境に位置する
山あいの集落、雷(いかづち)・山熊田(やまくまだ)では
現在も、しな布*という古代布が織られています。

*古代布 …綿織物普及以前のその土地に自生する植物から作られた布のこと。
*しな布 …シナノキの皮で織られた古代布の一つ。

 

%e3%81%97%e3%81%aa%e7%b3%b8

しな布の歴史はとても古く
延喜式*の貢物に「信濃(しな)布」と記されていることから
そのころには、すでに織られていたと考えられています。
*平安時代中期に編纂された法令集。

現在では、先に書いた村上市雷と山熊田。
そして、山形県鶴岡市関川の3カ所でのみ織られています。

2005年には、経済産業省の伝統的工芸品にも指定され
産地である羽前(山形県庄内地方)の【羽】と
越後(新潟県)の【越】を合わせて
【羽越しな布】と呼ばれています。

しな布の歴史、しな布が出来るまでの工程等は下記をご覧ください。
>>> 羽越しな布

 

%e7%b3%b8%e8%bb%8a

今回、しな布の製品を紹介するにあたり
村上市山熊田のさんぽく生業の里へ向かいました。

ここでは、かつては農閑期の仕事であった
しな布作りの様子が、一年を通して見学・体験*できます。
*各種体験は事前予約が必要です。

 

%e5%a4%a7%e6%bb%9d%e6%a0%84%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93

%e5%a4%a7%e6%bb%9d%e3%83%a0%e3%83%84%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93

さんぽく生業の里で働くのは、山熊田のお母さんたち。
機織(はたおり)をするのは大滝栄子さん。
糸車を回すのは大滝ムツ子さんです。

二人とも、生まれも育ちも山熊田。
70を越す齢ですが、しな布と向き合う姿は凛としています。

 

%e5%9c%8b%e4%ba%95%e5%8d%83%e5%af%bf%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93

山北商工会の事務局長として、さんぽく生業の里の立ち上げに尽力し
平成12(2000)年の設立以降は、口下手な山熊田のお母さんたちに代わり
支配人として、施設の営業・外交等を担当する國井千寿子さん。

しな布の魅力について聞くと
自身が普段使っている小物類を見せてくれました。

%e5%9c%8b%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83%e8%a3%bd%e5%93%81

左上から、眼鏡ケース、ペンケース、名刺入れです。
どれも10年以上使っているとのこと。

「頑丈ではないけれど、しなやか。
使うことで赤みが増し、柔らかくなっていきます」

確かに、國井さんが使っているしな布の小物は
すべすべと触り心地が良く、ぬくもりが感じられる色合いです。
人の手が触れるたび、しなやかに柔らかくなるしな布。
その変化こそが、しな布の魅力なのかもしれません。

 

それでは、さんぽく生業の里で扱う、しな布製品を紹介します。

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%81

(写真上から)
ペンケース
(3,500円・税込)
ポーチ(4,500円・税込)

はじめてしな布を持つのなら、手ごろなペンケースやポーチがオススメ。
使うたび手になじんでゆき、愛着を持って使い続けられることでしょう。
赤の染めが施されたものには、山北特産の赤カブが描かれています。

 

%e3%81%90%e3%81%84-%e3%81%bf%e5%85%a5%e3%82%8c

ぐい呑み入れ(4,000円・税込)
※ぐい呑みは含まれません

ぐい呑みを入れて、持ち運ぶための小さな巾着袋です。
日本酒が好きな方へ、ぐい呑みと一緒にプレゼントしたら喜ばれそう。
小物入れとして使っても素敵です。

 

%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc2

テーブルセンター(10,800円・税込)
※1枚の価格です

普段の食卓に彩りを添える、しな布のテーブルセンター。
素朴な風合いは、和・洋どちらにもマッチします。
経年による変化も楽しめる一枚です。

 

%e5%a0%86%e6%9c%b1%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0

%e5%b8%bd%e5%ad%90

上記の他にも、名刺入れや小銭入れ、印鑑ケースといった小品。
持ち手に村上木彫堆朱を施したバッグや帽子といった
芸術品のような製品も置いています。

 

また、製品の一部は下記店舗でも取り扱っています。
堆朱のふじい
道の駅 笹川流れ 夕日会館
駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」 

 

悠久のときを超え、今なお紡ぎ織られる古代布・しな布。
現在は作り手の高齢化も進み、その存在はさらに貴重なものになりつつあります。

ぜひ一度、しな布の故郷・山熊田を訪ねてみてください。
しな布をはじめとした山間集落・山熊田のなりわいを体験してください。

しな布に触れ、それに携わる人たちと触れ合い
しな布や山熊田の奥深い魅力を知っていただければと思います。

 

 

 

%e7%94%9f%e6%a5%ad%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%a4%96%e8%a6%b3

さんぽく生業の里
所在地 村上市山熊田325
電話番号 0254-76-2115
営業時間 8:30~17:00
定休日 お盆(8/12~20)、年末年始(12/29~1/7)、春分の日、秋分の日、11/4
公式サイト

 

2019/07/09

農家民宿ざいごもん

%e3%81%96%e3%81%84%e3%81%94%e3%82%82%e3%82%93image

梅雨時のジメジメした空気、そして暑さ、憂鬱ですよね。
このもやもやした感じをスカッと晴らしてくれる。
そんな、すっきり爽快なスイーツないかな。

 

今回の「むらかみやげ」、多少(大いに?)自分の願望アリ。
梅雨から夏に食べたい、爽やかカップスイーツを紹介します。

 

%e9%ab%98%e6%a0%b9%e9%9b%86%e8%90%bd
画像提供:農家民宿ざいごもん

村上市の秘境ともいわれる、村上市高根(たかね)。
村上の市街地から車で約30分、周囲をぐるりと山に囲まれ
集落の中を清流・高根川が流れます。

 

%e6%9d%bf%e5%9e%a3%e5%a4%ab%e5%a9%a6

このロケーションを生かし、農家民宿ざいごもんを営む板垣夫妻。

農家民宿を始めて、ことしで11年目。
棚田での田植えや稲刈り、そば打ちや笹団子作り、冬には雪かき(!)
高根でしか出来ないこと、味わえない体験を提供しています。

%e7%94%b0%e6%a4%8d%e3%81%88%e4%bd%93%e9%a8%93
画像提供:農家民宿ざいごもん

 

今回紹介のカップスイーツは、元々は宿泊客に提供していたもの。
高根の特産・山ブドウを使ったゼリーを商品化したものです。

%e5%b1%b1%e3%83%96%e3%83%89%e3%82%a6%e3%81%ae%e5%ae%9f
画像提供:農家民宿ざいごもん

山ブドウは、生食のブドウに比べて粒が小さく、強い酸味が特徴。
村上では、名菓「葡萄羹(ぶどうかん)」やワイン等に使われています。

数年前、板垣さんは同じ集落の人から山ブドウ畑を譲り受けました。
収穫した実を使い、ゼリーを作って宿泊客に振る舞うと評判に。

5年前にはパッケージデザインも一新。
以来、さまざまなメディアに取り上げられる人気商品です。

 

それでは、農家民宿ざいごもんが手掛ける
カップスイーツをはじめ、オススメ商品を紹介しましょう。

 

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%84%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

(左から)
タカネノ山ブドウ レアチーズ(250円・税込)
タカネノ山ブドウ ゼリー(250円・税込)
タカネノ山 カボチャプリン(250円・税込)

レアチーズは、山ブドウと相性のいいレアチーズとの組み合わせで人気No.1
ゼリーは、美しい紫色と山ブドウの酸味が特徴の清々しい一品です。
カボチャプリンは、ぽってり濃厚な甘みと滑らかな口当たり。
「わざと残している」というカボチャの皮もおいしいアクセントです。

 

%e5%b1%b1%e8%8f%9c%e6%bc%ac%e3%81%91%ef%bc%86%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

タカネノ山 漬物【山菜漬け】(200g入 400円・税込)

ナスやキュウリに、山菜(フキ・ミズ・赤コゴミ・ウド・ワラビ・イタドリ)や
香味野菜(菊・ミョウガ・シソの実・ショウガ)がたっぷりと入った漬物。
だしの効いた、ちょっと甘めの味付けは板垣家の味です。
炊きたてのご飯に、お酒のお供に。

 

%e6%a3%9a%e7%94%b0%e7%b1%b3

タカネノ山 棚田米(2kg 2,280円~・税込)

周囲を山に囲まれ、手つかずの自然が多く残る村上市高根。
昼夜の寒暖差が激しいため、この地で採れる米は粘り・甘みがあります。
清流・高根川の水と澄んだ空気に育まれたコシヒカリ、ぜひご賞味を。

 

 

今回紹介した商品は、農家民宿ざいごもんの他にも
JAふれあい市 よれっしゃ・こいっちゃ でも購入できます。
※一部取り扱いのない商品もあります

 

また、商品の一部はネットショップ「新潟・直送計画」でも購入可能です。
>>> https://shop.ng-life.jp/zaigomon/

 

 

%e3%82%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%8c%81%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92

梅雨のウツウツ・夏のアチアチをスカッと吹き飛ばす
高根産・山ブドウのスキッとした酸味・甘み。
ことしの夏、ぜひ食べてみてください。

 

 

 

%e3%81%96%e3%81%84%e3%81%94%e3%82%82%e3%82%93%e5%a4%96%e8%a6%b3

農家民宿ざいごもん
所在地 村上市高根728
電話番号 0254-73-1171(受付時間 9:00~17:00)
公式サイト

 

先頭に戻る