HOMEおすすめ特集 > むらかみやげ

むらかみやげ むらかみやげ

村上市で生まれ、全国・世界で愛されている逸品の数々。
作り手の情熱、商品に込められた想いなどとともに紹介します。
※価格等の情報は取材当時のものです

 

 

こちらもご覧ください!
もらってうれしい・贈って喜ばれる村上の定番土産といえばコレ!

 

%e9%ae%ad %e5%9c%b0%e9%85%92 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e8%8c%b6

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%9c%a8%e5%bd%ab%e5%a0%86%e6%9c%b1 %e7%be%bd%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83

 

村上市観光キャラクター「サケリン」グッズや観光PR商品・書籍等は こちら をご覧ください 

 

 

%e7%89%a9%e7%94%a3%e4%bc%9a%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
新潟県村上市の自慢の特産品を紹介しています

 

2019/06/10

笹川流れの地魚処 天ぴ屋

%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%81%a8%e6%b5%b7

 

一年を通じ、多くの観光客が訪れる名勝・笹川流れ
約11kmにわたって続く海岸線は、四季折々、刻一刻とその表情を変え
いつ訪れても素晴らしい景色を見せてくれます。

 

 %e4%b9%97%e8%88%b9%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

笹川流れ遊覧船は、笹川流れに点在する奇岩・開門等の絶景を
海側から眺めることができる、市内でも人気の観光スポット。
個人客はもちろん、大型バスも日に何台もやってきます。

 

%e8%a9%a6%e9%a3%9f%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba%e3%80%85

今回紹介する、笹川流れ地魚処 天ぴ屋は
笹川流れ遊覧船の乗り場に併設された店舗です。

目の前の海で揚がった新鮮な地魚を使い
一夜干しなどの干物、薫製等を製造販売しています。

遊覧船の出航を待つ人たちが試食をしたり
下船後、お土産を買う人たちでにぎわいます。

 

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e7%a4%be%e9%95%b7

遊覧船や天ぴ屋など、一帯の施設を経営する
笹川流れ観光汽船の社長・渡辺美紀子さん。

接客や遊覧船の案内、商品の梱包等々
一時も止まることなく笑顔で動き続けるパワフルな女性です。

忙しく動き回る中、天ぴ屋の商品について尋ねると
一言、簡潔に「なしは無し!」と言い切ります。

%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%af%e7%84%a1%e3%81%97

なしは無し = 価値のないものはない。

地元・笹川流れで捕れた新鮮な魚でも
サイズや数がそろわないもの・扱いが難しいものなどは
流通することなく廃棄されることも。

%e9%96%8b%e3%81%8d%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d

天ぴ屋では、こういった魚に手間をかけて加工し
付加価値をプラスしてから販売。

そうすることで、流通ルートに乗らない魚や
「骨があって食べにくい」「調理が面倒」などと敬遠される魚も
笹川流れの名物として、多くの方に買い求められるようになりました。

今では、温めるだけですぐに食べられる焼き魚のパックや
「秘伝スモーク」シリーズが人気を博しています。

 

今回は、天ぴ屋で特に人気の高い3商品を紹介します。

%e3%81%8a%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%bf%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

おつまみセット(小300円、大500円・ともに税込)
※内容は季節によって異なります

炭火でじっくりと焼いた地魚が5~6種類入ったお得なセット。
電子レンジで温めるだけ、すぐに食べられるのがうれしいですね。

%e3%81%8a%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%bf%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e5%b0%8f_%e7%9a%bf

この日、私が買ったおつまみセット(小)には
鮭・カナガシラ・コダイ・アジ・ニギス・ヤナギカレイが入っていました。

酒の肴に、お弁当のおかずに……。
手軽でいろいろな用途に使えます。

 

%e6%b5%b7%e9%ae%ad%e3%81%ae%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%82%86%e5%b9%b2%e3%81%97

海鮭 醤油干し切り身(600円・税込)

天ぴ屋オリジナル商品の一つ。
村上といえば塩引き鮭が有名ですが、こちらはしょうゆ干し。
海で捕れた鮭を、しょうゆベースの特製だれに漬け込み、天日で干し上げます。
渡辺さんの母が考案し、およそ40年以上も作り続けられている隠れた逸品です。

 

%e7%a7%98%e4%bc%9d%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%af

笹川流れ 秘伝スモーク各種(500円~・税込)

天日干しした魚に、さらにサクラやナラのチップで燻製をかけた一品。
香りも良く、うま味が凝縮し、食感がいいのが特長です。
コハダ、サバ、ミシマオコゼ、海鮭、海鮭の白子、海鮭の中骨とそろいます。

 

これら商品は店頭だけでなく、天ぴ屋ホームページでも購入できます。
ネットショッピングサイト 笹川流れ地魚処 天ぴ屋

 

 

笹川流れの恵みに感謝し、手間を惜しまず
「なしは無し」の精神で作られる、天ぴ屋の商品の数々。

旅先でのお土産にはもちろん
手軽に魚を摂りたい方にもオススメです。
ぜひ一度、ご賞味ください。

 

 

 

%e5%a4%a9%e3%81%b4%e5%b1%8b_%e5%a4%96%e8%a6%b3

笹川流れの地魚処 天ぴ屋
所在地 村上市桑川975-44
電話番号 0254-79-2154(代表)
営業時間 9:00~16:00
定休日 遊覧船運航期間中(3月下旬~11月中旬)無休
公式サイト

 

2019/05/03

オークリッチ

%e5%8d%b5%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

卵(鶏卵)は、今や日本の食卓に欠くことのできない食材の一つ。
朝食に目玉焼きやスクランブルエッグ、昼の弁当に卵焼きやゆで卵。
卵を使う料理もいっぱい。オムレツやオムライス、すき焼きにも欠かせない。
そして、なんといっても卵かけご飯! これはまさに卵が主役の料理(!)です。

 

さて、このように日頃から食べる機会の多い卵ですが
皆さんは普段、どんな卵を選んでいますか?

価格や味・香り・食感の好み等々
普段よく食べる卵だからこそ、こだわっている方も多いでしょう。

 

今回紹介するオークリッチの卵は、一言でいえば「健康な鶏の卵」。
薬や栄養剤等を多用するような、不自然な健康状態ではなく
鶏本来の力を引き出し、ストレスのない環境下で育てて卵を得る。
その卵がどれだけおいしいか、紹介していきたいと思います。

 

%e9%b6%8f%e3%82%92%e6%8a%b1%e3%81%88%e3%82%8b%e5%af%8c%e6%a8%ab%e3%81%95%e3%82%93

オークリッチのオーナー、富樫直樹さん。
父親が経営していた鶏舎の廃業を考えていた時に
それまで就いていた職を辞め、42歳で家業を継ぎました。

 

%e5%8d%b5%e3%82%92%e9%9b%86%e3%82%81%e3%82%8b%e5%af%8c%e6%a8%ab%e3%81%95%e3%82%93

富樫さんが考え、実践するのは「鶏の力を引き出す」こと。
卵優先ではなく、その母である鶏が本来持っている力を引き出し
より自然な飼育環境下で質の高い卵を得るというものです。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%81%e6%8f%90%e4%be%9b%e7%94%bb%e5%83%8f
画像提供:オークリッチ

オークリッチの5棟ある鶏舎では、鶏は全て放し飼いです。
冬季や荒天以外は鶏舎の外に出し、鶏は自由に動き回ることができます。

 

%e9%b6%8f%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%82%b5

飼料には、発酵させた米ぬかやカキ殻、粉末状の海藻等をブレンドし
季節や鶏の日齢に合わせて配合を変えて与えます。

「あそこに鶏ふんがあるんだけど、臭くないでしょ」と富樫さん。
鶏舎の外には鶏ふんの山がありますが、それでも周辺は臭いません。
鶏ふんが臭うのは、鶏が餌を未消化のまま排出し、それが腐敗するため。
鶏はストレスに弱く、負荷がかかると餌がうまく消化できなくなるとのこと。
ストレスのない環境下で飼育し、消化できるだけの餌を与えれば
鶏ふんからは嫌な臭いは発生しないのです。

 

%e5%8d%b5image

こうした飼育環境で産まれるオークリッチの卵。
全国の料理人がこの卵を求め、鶏舎の見学に訪れます。

また、新潟伊勢丹の「NIIGATA越品プロジェクト*」にも認定され
ことし3月には、畜産物として初めて感謝状が贈られました。
※2016年にスタートした、地域百貨店・新潟三越伊勢丹の取り組み。
新潟県内に点在する優れた商品を独自に選定し、全国・世界へと発信するプロジェクト

新潟県北のまち・村上市のさらに北端にある鶏舎の卵が
新潟県を代表する食材の一つに認められたのです。

 

それでは、オークリッチの人気商品を紹介します。

%e7%b4%a0%e7%8e%8b%e5%8d%b5

放し飼い鶏の素王卵(そおうらん)(1セット10個入 680円・税込)

放し飼いのボリスブラウンの卵は、オークリッチの主力商品。
卵白の甘さ・卵黄のこくは、全国の料理人やパティシエといった
食のプロも絶賛し、買い求める逸品です。

生卵はもちろん、茶わん蒸しやプリン等
卵のうま味が存分に感じられる料理でお召し上がりください。

 

オークリッチの商品はこの他に    
放し飼い鶏の渚おうはん(1セット10個入 680円・税込)※数量限定
放し飼い鶏の野芳卵(やほうらん)(1セット10個入 570円・税込)等があります。

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af

「渚おうはん」は、飼育数が少なく
希少な鶏種・横斑(おうはん)プリマスロックの卵。

他の鶏に比べて産卵数が少ないため
全卵中の卵黄の割合が多く、こくがあるのが特徴です。

 

これら商品は、オークリッチのホームページで取り寄せが可能です。
卵と食の通販サイト「卵とふぉ.com」

 

また、国道7号線沿いにある鶏舎の前には
ちょっと珍しい、卵の自動販売機が設置されています。

%e5%8d%b5%e3%81%ae%e8%87%aa%e8%b2%a9%e6%a9%9f

%e5%8d%b5%e3%81%ae%e8%87%aa%e8%b2%a9%e6%a9%9f%e3%81%ae%e4%b8%ad

ここでは24時間、オークリッチの卵が購入可能です。
※価格や販売方法等はオークリッチのホームページでご確認ください

 

 

%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%84%e9%86%a4%e6%b2%b9

おいしい醤油(200㎖ 702円/500㎖ 1,296円・ともに税込)

卵をよりおいしく食べるために
オークリッチが考案したしょうゆです。

新潟県産大豆を使った生揚げしょうゆに
酒やみりん等を加え、卵の味を生かす味わいに仕上げています。
もちろん、他の料理にも使える万能調味料です。

 

 

日常的に口にする、なんら特別な食材ではない卵。
だからこそ、おいしくて、安全・安心なものを選びたい    
そう思っている人は多いはず。

そんな方に、ぜひ一度オークリッチの卵を試していただきたい。
一つの卵に込められた、オーナー・富樫さんの想いが伝わるはずです。

 

 

オークリッチ
所在地 村上市中浜811
電話番号 0254-60-5014
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜日 他 
公式サイト >>> https://www.tamagotofo.com/

 

2019/03/28

野澤食品工業・NOZAWA

%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%82%86%e3%82%92%e4%bb%95%e8%be%bc%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e6%9c%a8%e6%a1%b6
この春に仕込んだばかりのしょうゆの木桶

 

日本海に面し、清流・荒川の河口に位置する、村上市塩谷。
かつては北前船の寄港地として栄え、経済や文化の交流地点でありました。

また、塩谷は「醸造のまち」としても知られています。
かつては、みそやしょうゆ、酒を手掛ける蔵が軒を連ねており
それが北前船に乗せられ、北海道へと運ばれていきました。

今回訪れた野澤食品工業も、かつては酒造業を営んでいたとのこと。
みそやしょうゆを造り始めたのは戦後からだそうです。

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3

写真は、野澤食品工業の店舗(みそ・しょうゆ蔵)兼主屋。
江戸時代後期(1850年頃)に建てられたものです。

%e5%ba%97%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ae%e7%9c%8b%e6%9d%bf

塩谷の代表的な町屋として
2016年8月に登録有形文化財(建造物)として登録されました。
※写真左のパネル

ちなみに、写真中央の【Z】*の札は焼印(やきいん)と呼ばれるもの。
ゲタ印とも呼ばれ、塩谷の家々の玄関先に掲げられています。
*野澤家の焼印はアルファベットのZのようですが、そうではなく、本来の呼び方は分からないそう
*現在は便宜上「ぜっと」と呼んでいるそうです

%e5%ae%b6%e5%8d%b0%e3%81%ae%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%94%e3%81%a6

寄り合いなどで人が集まった際、自分のゲタを見分けるために付けたそう。
野澤家にも、かつて使われていた焼きごてが残っています。

 

%e6%9c%a8%e6%a1%b6%e3%81%8c%e4%b8%a6%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e6%a7%98%e5%ad%90

野澤食品工業の店舗(みそ・しょうゆ蔵)。
人の背丈よりも大きい木桶の中では、しょうゆが発酵中です。

蔵の中は、みそ・しょうゆの香ばしい匂いでいっぱい。
建物も道具も長い年月を経てきたものばかりですが、みんな現役です。
建物内は見学可能なので、ぜひご覧いただきたいです。

 

%e9%87%8e%e6%be%a4%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%99%e3%81%91%e3%81%95%e3%82%93

野澤食品工業の三代目、野澤陽祐(ようすけ)さん。
父・道雄さんとともに昔ながらのみそ・しょうゆ造りを行っています。

そして、伝統の味を守る一方では新しい取り組みにも挑戦。
焙煎小麦と丸大豆を使い、長期間熟成させたしょうゆ。
酒米のこうじを用い、ワイン樽で寝かせたみそ。
歴史ある蔵の、これまで培ってきた知恵や技術といった経験と
ユニークな発想が融合して生まれた品々です。

これらの商品は、野澤食品工業の新ブランド「NOZAWA」で扱われます。
今回は、このNOZAWAの商品2点を取り上げます。

 

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%a4

ふたなつ(300㎖ 864円・税込)

ふたなつとは、夏を二度越したという意味。
自家焙煎した小麦と丸大豆を使い、木桶で長期熟成させたしょうゆです。
長期間熟成させることで、小麦と丸大豆のそれぞれのうま味が一体となり
優しい、円(まろ)いしょうゆになります。

%e9%ba%b9%e5%ae%a4

炒った小麦と丸大豆を合わせ、室(むろ)でしょうゆこうじを育てます。
熱した砂で焙煎した小麦は、遠赤外線の効果で甘みと香りが引き出されます。

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%a4%e4%b8%ad%e8%ba%ab

おいしいしょうゆは赤い、という言葉もありますが
ふたなつは、まさに鮮やかな赤色。

味・香りを存分に楽しめる
かけしょうゆとしてお使いください。

 

 

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%b3

ワイン樽仕込み天然醸成味噌 ふたたび(750g 1,200円・税込)
※サイズ・価格は村上市限定

「以前からワインやウイスキーの樽でみそを仕込んでみたかった」と話す陽祐さん。
プラスチックの樽では菌が住み着かず、大きな木桶では品質管理が難しい    
そこで行きついたのがワイン樽でした。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%82%92%e4%bb%95%e8%be%bc%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%a8%bd

2017年春、友人のつてを頼って手に入れたワイン樽がこちら。
原料の大豆には、新潟県産大豆のアヤコガネを。
米こうじには、こうじ菌が育ちやすい酒米を使用しています。
左の樽はたかね錦、右は五百万石とそれぞれの米こうじで仕込んでいます。

酒米を使うことで、こうじの溶けがよくなり、口触りも滑らかに。
深いこくやうま味を感じた後に、ふっとワインの香りが広がる
一風変わったみそに仕上がっています。

 

 

最後に、野澤食品工業のロングセラーを紹介。

%e6%b5%85%e6%bc%ac%e3%81%91%e3%81%ae%e7%b4%a0

味噌だれ千価
味噌屋が造った浅漬けの素
(300㎖ 400円・税込)

生みそを使用した、みそ屋だからこそ作れた浅漬けの素。
野菜はもちろん、肉や魚の味付けにも使えます。
「豆腐にかけてもおいしい」とのこと。ぜひチャレンジを。

 

 

醸造のまち・塩谷で、実直なみそ・しょうゆ造りを続ける野澤食品工業。
そして、その伝統から軽やかに跳躍した商品を造り出す、新ブランドNOZAWA。
どちらも、村上・塩谷の味として喜ばれる逸品といえるでしょう。

 

 

 

%e9%87%8e%e6%be%a4%e5%a4%96%e8%a6%b3

野澤食品工業・NOZAWA
所在地 村上市塩谷1227
電話番号 0254-66-5507
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日曜日、祝日
ウェブサイト

 

先頭に戻る