HOMEおすすめ特集 > むらかみやげ

むらかみやげ むらかみやげ

新潟県村上市で生まれ
全国・世界で愛されている逸品の数々。
作り手の情熱、商品に込められた想い
などとともに紹介します。
※価格等の情報は取材当時のものです

 

 

こちらもご覧ください!
もらってうれしい・贈って喜ばれる
村上の定番土産といえばコレ!

 

%e6%9d%91%e4%b8%8a%e7%89%9b%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3 %e9%ae%ad %e5%9c%b0%e9%85%92 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e8%8c%b6 

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%9c%a8%e5%bd%ab%e5%a0%86%e6%9c%b1 %e7%be%bd%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83

 

2021/12/05

山上染物店

image
町屋らしい、細長い造りの作業場。その最深部にある板場で注染手ぬぐいの「糊置き」の作業

昔ながらの町屋で代々の商いを続ける老舗が村上市内には点在します。村上市肴町の山上染物店(やまがみそめものてん)もその一つ。創業は寛文年間(1661~1673)といわれ、現当主で13代目という老舗染物店です。

今、仕事の多くを引き継いでいるのは13代目の娘・山上あづささん。伝統産業のまち・京都で染色を学び、その後も染織作家の下で内弟子として働いて技術を磨きました。生家に戻ってからは、父とともに歴史ある家業を担っています。今回はその仕事場におじゃまさせてもらいました。
(2021年11月4日)

 

注染手ぬぐいが出来るまで


%e5%b1%b1%e4%b8%8a%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%95%e3%81%95%e3%82%93

作業場を案内してくれたあづささん。見せてもらったのは、手ぬぐいを注染(ちゅうせん)という技法で染める作業。注染手ぬぐいは山上染物店の人気商品の一つです。

 

%e7%b3%8a%e3%82%92%e4%bb%98%e3%81%91%e3%82%8b

まずは糊置き(のりおき)の作業から。用意する木綿布は1疋(2反[1反は約12メートル]分の長さ)。それを板場に広げて型を置き、防染糊(ぼうせんのり)*を均一に延ばして塗ります。
*米ぬか等を用いた染料を通さない特殊なのり

 

%e7%b3%8a%e3%81%8c%e4%bb%98%e3%81%84%e3%81%9f%e6%9c%a8%e7%b6%bf%e5%b8%83

%e6%9c%a8%e7%b6%bf%e5%b8%83%e3%82%92%e9%87%8d%e3%81%ad%e3%82%8b

型を外して布を置き、型を戻してまたのりを塗る。これを何度も繰り返します。

 

少しのずれもないよう正確に、淡々と、リズムよく作業は続きます。

 

%e3%81%8a%e3%81%8c%e5%b1%91%e3%82%92%e3%81%be%e3%81%8f

1疋分の木綿布の糊置きが終わったら、表と裏に挽粉*を振りかけます。挽粉には、のりの表面を保護する役目があります。
*おがくずをふるいにかけたもの。山上染物店の挽粉は、斜め向かいのゑびす屋から分けてもらっている

 

%e8%97%8d%e3%82%92%e6%b3%a8%e3%81%90

続いて、いよいよ注染へ。染台に布を置き、熱した染料を口の細長いじょうろを使って注ぎます。幾重にも折り重なった木綿布にも、しっかりと染料が行き渡るよう、何度も染料を注ぎかけます。

布の織糸そのもの染める注染という技法は、一枚の手ぬぐいでも表裏なく染まるのが特徴です。

 

%e8%97%8d%e3%82%92%e6%b3%a8%e3%81%90%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%95%e3%81%95%e3%82%93

裏に返して、さらに染料を注ぎます。

 

%e6%b0%b4%e6%b4%97%e3%81%841

%e6%b0%b4%e6%b4%97%e3%81%842

のりを水で洗い流すと、染まった部分がくっきり見えてきます。この後は、脱水・乾燥・仕上げ・裁断をすれば完成です。

 

%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e6%89%8b%e3%81%ac%e3%81%90%e3%81%84

この日染めた手ぬぐいは、あづささんが「ネコぎっしり手ぬぐい」と呼ぶ自作の型。手ぬぐい1枚に80匹ものネコが描かれています。ネコ好きのあづささんらしい、とてもキュートな柄です。

 

暮らしの中に手仕事を


あづささんが歴史ある染物屋を継いで20年以上。家業を継ぐよう強要されたことも、自身が強く願い出ることもなかったと彼女は言います。店と住居が一体の町屋に育ち、染物がすぐそばにある暮らしの中で「ゆるゆると。」(本人談)現在に至ったそうです。

%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%aa%e5%9e%8b
作業場の窓にはさまざまな型紙が飾られ、まるでステンドグラスのよう

京都から戻って以来、店では父と娘がそれぞれの仕事を一人で一貫して行っています。「小さな店なので、作りたいものにすぐ取り組めるのはいいところ」とあづささん。これからも時代に即した染物と、暮らしの中で大切にできる手仕事をつくり続けたいと話します。人の手によるものが持つ“あたたかさ”や“揺らぎのある美しさ”、それが日々を彩ること。あづささんはそういう染物を作り続けたいと話します。

 

山上染物店 人気のおみやげ


%e6%b3%a8%e6%9f%93%e6%89%8b%e3%81%ac%e3%81%90%e3%81%84

注染手ぬぐい(1枚 1,100円・税込)

伝統的な染色技法の一つ、注染で染めた手ぬぐい。型は、かつて山上染物店が着物の生地を染めていた頃に使用していた歴史あるものから、あづささんが手掛けた新作までさまざま。その時々で品ぞろえも変わります。

 

%e5%88%87%e3%82%8a%e7%b5%b5%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%8d

切り絵はがき(1枚 110円・税込)
(左上から時計回りに)親不孝坂、西奈彌羽黒神社、常盤園、大川屋製材所、治五右ェ門通り

切り絵作家としての顔も持つあづささん。春・秋の人気イベント、町屋の人形さま巡り(例年3/1~4/3)町屋の屏風まつり(例年9/15~10/15)のチラシの切り絵も手掛けています。切り絵のモチーフは、村上らしい町屋や小路など。旅の記念になる一枚です。

 

%e8%8c%b6%e6%9f%93%e3%81%93%e3%82%8a%e3%81%93%e3%82%8a%e3%82%bf%e3%82%aa%e3%83%ab

北限の茶染 こりこりタオル(1,100円・税込)

綿と絹とで織られた今治産タオルを村上茶で染めたボディータオル。天然素材100%で、絹の極太糸のコリコリとした刺激が心地よく、美肌効果も期待できます。

 

上記以外にも、ネットショップでは村上大祭で屋台を引く町内の代紋を染め抜いた布製マスクを販売しています。
https://yamagamisome.theshop.jp/

 

また、山上染物店では村上ならではの「北限の茶染体験」が楽しめます。

%e8%8c%b6%e6%9f%93%e3%82%81%e4%bd%93%e9%a8%93
ハンカチ(写真:東海林渉)

%e5%9e%8b%e6%9f%93%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0_%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%93%81
型染フレーム

村上茶の粉茶を使い、ハンカチの絞り染めや写真立てに入れる帆布を型染する「型染フレーム」の2種類が楽しめます。作品は同日に持ち帰り可能、村上を旅した記念にもなるアクティビティです。
※体験希望日の1週間前までに予約が必要です
※詳細はhttps://www.sake3.com/spot/816(北限の茶染体験)をご覧ください

 

 

%e5%b1%b1%e4%b8%8a%e6%9f%93%e7%89%a9%e5%ba%97_%e5%a4%96%e8%a6%b3

山上染物店
所在地
 村上市肴町2-17
電話番号 0254-52-3570
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日、第4日曜日
駐車場 1台

公式サイト
http://www.yamagami-some.com/

 

2021/10/10

桃川農園

%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a4
はさがけ米の収穫。1条刈りバインダーを使い、根気よく刈っていきます。

 

8月下旬に始まった村上市内の稲刈りも、10月上旬にはそのほとんどが刈り終わり、「新米」のシールを貼った令和3年産米も店頭に並び始めました。

今回紹介するのは、村上市桃川の専業農家・佐藤譲(ゆずる)さんが営む桃川農園。佐藤さんの想いがいっぱいに詰まった米・野菜には、食べた人を“おいしい”以上に満たす何かがあるようです。
(取材日:2021年9月27日)

 

うま味のある“昔の味”を求めて


%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a1

この日、佐藤さんは自宅近くの田んぼで、はさがけ米の収穫を行っていました。使用するのはバインダーという収穫機。4~50年前の器機がここでは現役です。

1反(10アール)の田んぼは、コンバイン*ならばものの十数分で刈り終わりますが、佐藤さんは2時間以上かけて収穫します。とかく稲刈りは大変ですが、佐藤さんは全身から汗を吹き出しながらバインダーを操り、田んぼの中を歩き続けます。
*農作物(米や麦など)の刈り取り・脱穀・選別を行う乗用の大型農機具のこと

 

%e7%b5%90%e6%9d%9f%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e7%a8%b2

バインダーで刈り取った稲は、写真のように結束されて放出されます。

 

%e3%81%af%e3%81%95%e3%81%8c%e3%81%91

この束を稲架(はさ)に掛け、秋の陽光と風で自然乾燥させれば、佐藤さんが目指す“昔の味”「村上市桃川産コシヒカリ はさがけ米」の出荷はもう目前です。

 

手間を惜しまない農作物づくりを実践


%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93

現在51歳の佐藤譲さん。45歳の時に勤めを辞め、桃川農園を起業しました。「若い頃からやってみたかった」という専業農家、かつて自分が食べて心底「おいしい」と感じた米・野菜・果物を作ろうと手間を惜しまずにやってきました。

 

%e7%9c%8b%e6%9d%bf%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%95%e3%81%8c%e3%81%91

その一つがこのはさがけ米。そのおいしさを、佐藤さんは「お日様の匂いがする、香ばしい米」と表現します。収穫から続く作業の煩雑さは前述しましたが、それに加えて桃川農園では、はさがけ米を無農薬・無化学肥料で育てるため、さらに手間がかかります。それでもその手間にこだわり、おいしさを追求するのは、ひとえに「楽しみに待っている人がいる」から。佐藤さんの挑戦はこれからも続きます。

 

桃川農園 こだわりの商品


%e3%81%af%e3%81%95%e3%81%8c%e3%81%91%e7%b1%b3_2kg%e5%8a%a0%e5%b7%a5
画像提供:桃川農園

村上市桃川産コシヒカリ はさがけ米
(精米2kg 2,160円・税込)

農薬・化学肥料を一切使わず、有機肥料のみで育てたコシヒカリ。これをはさがけにし、自然の陽光と風でじっくり乾燥させることで、炊き上がりにお日様の匂いがするような香ばしい米になります。桃川農園・佐藤さんこだわりの米です。

 

 

%e3%81%93%e3%81%97%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a
画像提供:桃川農園

村上市桃川産特別栽培米 こしひかり
(精米5kg 2,916円・税込)

農薬・化学肥料を5割減で育てた新潟県認証特別栽培米。粘りと甘みがあり、冷めても硬くなりにくいので、普段の食事はもちろん、弁当やおにぎりにもぴったりです。

 

 

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b33_v%e4%b8%a6%e3%81%b33s
画像提供:桃川農園

焼きいもプリン[絹芋・紅芋・紫芋]
(6個セット 1,980円・税込)

桃川農園が育てた3種類のサツマイモに、オークリッチの平飼い卵を合わせた口当たり滑らかなプリン。サツマイモの自然な甘さ、良質な卵のこくが存分に味わえます。

 

 

%e7%84%bc%e3%81%8d%e8%8a%8b3%e7%a8%ae
画像提供:桃川農園

冷凍焼きいも
(1パック[2~3本/約600g]1,080円・税込)

じっくり寝かせて甘みを引き出し、昔ながらの石焼きで焼いたサツマイモを真空冷凍に。温めて食べるもよし、半解凍で冷たいスイーツとして食べるのもオススメです。

 

上記商品や季節の野菜・果物はオンラインショッピングサイトから購入できます。
Marchel(マルシェル)
Yahoo!ショッピング
食べチョク

 

桃川農園・佐藤譲さんが追求する「昔の味」とは、自然の中でたくましく成長し、また愛情を注いで育てた米や野菜・果物の味(おいしさ)のことなのかもしれません。佐藤さんが思い描く「昔の味」をぜひご賞味ください。

 

 

%e6%a1%83%e5%b7%9d%e8%be%b2%e5%9c%92%e5%a4%96%e8%a6%b3

桃川農園
所在地 村上市桃川474
電話番号 0254-75-5529
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日曜日、祝日
駐車場 4台

公式サイト
https://momokawanouen.com/

 

2021/08/25

ミネラル工房

%e3%81%bb%e3%81%bc%e5%ae%8c%e6%88%90%e3%81%97%e3%81%9f%e5%a1%a9
出来立ての塩は少し黄みがかっていますが、水分が抜けると新雪のような純白に変わります

 

新潟県一の広さを誇り、長い海岸線を有する村上市。とりわけ北部の海は美しく、沿岸にはその海水で塩を作る工房が点在しています。

今回おじゃましたミネラル工房は、村上市街地から車で約1時間ほど北上した、国道7号沿いの山形県境付近にあります。工房の前には、海の底まで見える透明度の高い海。この海の結晶たる塩は、高名なシェフをはじめ多くの人から支持されています。
(取材日:2021年7月19日)

 

 

目前の海と後背の山からの恵み


ミネラル工房があるのは村上の最北端、車をもう1~2分も走らせれば山形県鶴岡市、俳人・松尾芭蕉も越えた鼠ヶ関(ねずがせき)へと至ります。

%e6%b5%b7%e3%81%ae%e5%ba%95%e3%81%8c%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b

工房の目の前には、大小さまざまな岩が突き出る日本海。穏やかな日には海水も澄み、海底で揺れる海藻の様子も分かるほどです。

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3

そして、工房の後ろには鬱蒼たる雑木の山。ミネラル工房の代表・富樫秀一さんは、この山を仰ぎ見て「この山からの水がうちの塩のうまさになるんです」と話します。

 

%e5%af%8c%e6%a8%ab%e3%81%95%e3%82%93
富樫秀一さん(撮影のためマスクを外しています)

手つかずで多様な木々が茂る山は、土壌が肥えていて養分(ミネラル等)も豊富です。この養分が雨水に溶け出し、沢水となって目の前の海へ注ぎます。山の養分が運ばれた海は、そこに暮らすあらゆる生物を育みます。

話しを海水に戻し、山の養分が豊富な海水は、煮詰めていくと複雑で奥行きのある、味わい深い塩になります。ミネラル工房の塩は、海と山とに恵まれたこの地の結晶、まさに“白いダイヤ”です。

 

 

“白いダイヤ”が出来るまで


ミネラル工房の塩作りは、目の前の海から海水をくみ上げるところから始まります。

%e9%87%9c%e3%81%ab%e6%b5%b7%e6%b0%b4%e3%82%92%e8%b6%b3%e3%81%99

濃縮釜で海水を炊き、約8倍の塩分濃度になるまで煮詰めていきます。

 

%e9%87%9c%e3%81%ae%e7%81%ab%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b

焚き木には建築廃材等を用い、約14時間かけて濃度を上げていきます。

 

%e6%af%8d%e6%b6%b2

濃縮した塩水を一晩寝かせ、沈殿した石灰分などの不純物(写真下部に沈んだ結晶)を取り除き、上澄み(母液)をさらに濃縮していきます。

 

%e6%b9%af%e7%85%8e

母液を入れた平釜を湯せんにかけ、さらに煮詰めます(平釜式煎ごう製法)。

 

%e5%a1%a9%e3%82%92%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b

結晶化した塩をすくい上げ、水気を切ればようやく完成です。

 

%e5%a1%a9image

湯せんにより低温でゆっくりと結晶化した塩は、舌触りが柔らかく甘みが感じられます。また、ミネラルの比重を上げる工房独自の製法により、複雑なうま味も加わり、塩味の中においしさを内包した塩になるのです。

 

 

ミネラル工房 こだわりの塩


%e7%99%bd%e3%81%84%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4

白いダイヤ(100g 648円/300g 1,080円・ともに税込)

ミネラル工房の主力であり、一番人気の塩です。まろやかな塩味の中にうま味が包含されており、普段の料理に使えば、さらにそのおいしさを押し上げてくれることでしょう。まずは指先で優しくすりつぶし、塩のうま味を確かめてください。

 

 

%e8%b6%8a%e5%be%8c%e9%87%91%e8%89%b21

越後金色(80g 540円・税込)

ミネラル分を多く含み、深みのある味わいが特徴です。天ぷらや肉料理のつけ塩として。大豆製品とも相性がいいので、しょうゆの代わりに納豆に混ぜたり、冷ややっこや油揚げの焼いたものに付けてもおいしいです。

 

 

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%83%88_%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a7

%e8%8a%b1%e5%a1%a9

フラワーソルト(各12g 350円・税込)
(左から)
●ストック、ナデシコ[赤系]
●ビオラ、ネモフィラ、ナデシコ[青系]
●マリーゴールド、キンセンカ[黄系]
※季節により花の種類や組み合わせが変わります

「白いダイヤ」に脇坂園芸(阿賀野市)のエディブルフラワー(食用花)を乾燥させたものが入っています。オリーブオイルと相性がいいのでカルパッチョやカプレーゼに。塩むすびに使えば見た目もパッと華やかになります。

 

 

%e5%a3%b2%e5%ba%97%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

上記商品は工房併設の売店のほか、市内「道の駅」や観光案内所、土産物店、宿泊施設や観光施設の売店等でも取り扱っています。
※一部商品のみの場合があります

<主な取扱店>
道の駅 笹川流れ(夕日会館)
駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」
又上 岩船本店
地酒の店 たむら
JAふれあい市 よれっしゃ・こいっちゃ

 

また、公式サイトでお取り寄せも可能です。
http://www.shiroi-diya.com/webshop/

 

創業から間もなく20年を迎えるミネラル工房。そのおいしさは口コミなどによって広まり、今では全国の名だたるシェフからも求められるまでになりました。村上市最北の海と山からの恵み、じっくりと時間をかけて作られる結晶“白いダイヤ”をぜひご賞味ください。

 

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e3%83%a8%e3%83%aa

ミネラル工房
所在地 村上市中浜1076-2
電話番号 0254-77-2993
営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜日、第2水曜日(定休日が祝日の際は営業、翌日代休)、年末年始
公式サイト http://www.shiroi-diya.com/

 

先頭に戻る