むらかみやげ むらかみやげ

村上市で生まれ、全国・世界で愛されている逸品の数々。
作り手の情熱、商品に込められた想いなどとともに紹介します。
※価格等の情報は取材当時のものです

 

 

こちらもご覧ください!
もらってうれしい・贈って喜ばれる村上の定番土産といえばコレ!

 

%e9%ae%ad %e5%9c%b0%e9%85%92 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e8%8c%b6

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%9c%a8%e5%bd%ab%e5%a0%86%e6%9c%b1 %e7%be%bd%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83

 

村上市観光キャラクター「サケリン」グッズや観光PR商品・書籍等は こちら をご覧ください 

 

 

%e7%89%a9%e7%94%a3%e4%bc%9a%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
新潟県村上市の自慢の特産品を紹介しています

 

2018/08/02

村恭 MURAKYO神林店

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%97image2

色とりどりのフィルムに包まれた、四角いクレープ。
村上市近郊の方なら、「あ、村恭のね」と気付かれることと思います。

 

村恭の代名詞ともいえる四角いクレープが誕生したのは1978年のこと。現在の社長が「片手で食べられるケーキが作れないか」と考えたのが始まりでした。当時は原宿でクレープが大流行する前。社長はフランスのガレットを参考に、薄い生地の中に生クリームやスポンジを包み込んだ四角いクレープを生み出したのです。
※フランス北西部の郷土料理。そば粉等を溶いた生地を薄く円形に伸ばし、中央にチーズや卵を入れて焼き、正方形に折り畳んだもの

%e5%86%85%e8%a6%b3

四角いクレープ誕生からことしで40年。2008年3月にR345号線沿いにオープンした2号店・村恭 MURAKYO神林店(こちらも10周年!)には、きょうもこのクレープを買い求めるお客様が続々とやってきます。ショーケースに並ぶクレープを眺め、あれやこれやと思案するのは至福のひと時。食べる人の顔を思い浮かべながら、一つ、また一つと選んでいくのは悩ましくも楽しい時間です。

 

さて今回は、この村恭 MURAKYO神林店に並ぶスイーツの中から、お土産にオススメの商品を紹介していきましょう。

 

 

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%97image

クレープ(243円・税込)

村上市で「クレープ」といえばこちら。定番が6品(マロン・チョコレート・ブルーベリー・小倉・抹茶・ゴマ・イチジク)に季節限定の3品が常時並びます。

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%97%e6%96%ad%e9%9d%a2

中には、フルーツソースや生クリーム、スポンジが入っています。
生クリームは3種類をブレンドし、軽い口当たりを目指しているとのこと。
何個でも食べられちゃいそうです。

 

 

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%af_%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%af1 %e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%af2

クレスク(129円・税込)

四角いクレープから派生した新商品。クレープの生地にさまざまなフレーバーを塗り、ラスク同様じっくり焼き上げて作ります。カリッ! パリッ!のハードな食感が癖になります。

 

%e3%81%bf%e3%81%9d%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86

みそまんじゅう(86円・税込)

村恭 本店(村上市岩船上大町)で作られている、昔ながらのみそまんじゅう。みそを練り込んだ生地の中に、同じくみそを練り込んだ白あんが入っています。1994年には第22回 全国菓子大博覧会で大臣栄誉賞を受賞、村恭の隠れた名品です。

 

 

こちらはお土産とはいきませんが、オリジナルジェラートもオススメです。

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88

オリジナルジェラート(シングル 300円、ダブル 350円・ともに税込)
※写真は村上茶と塩&ショコラ

旬のもの・地のものを使ったジェラートが日替わりで並びます。
これからの季節、レジャーの帰り道に食べたいスイーツです。

 

 

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3

村恭 MURAKYO神林店
所在地 村上市牧目砂山1262
電話番号 0254-60-1122
営業時間 10:00~19:00
定休日 第2・4水曜日
自店ウェブサイト

 

 

2017/08/08

むらかみ・千年鮭 きっかわの麹スイーツ

%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%82%8f%e6%9a%96%e7%b0%be

村上市大町にある、むらかみ・千年鮭 きっか    
言わずと知れた鮭の名店ですが、実は地元・村上では麹(こうじ)を扱う店としても知られています。

%e9%ba%b9%e5%ae%a4%e3%81%a8%e5%93%b2%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e8%a8%80%e8%91%89

上記写真は、きっかわの見学エリア外にある麹室の扉。麹造りは寒さ厳しい冬期間に行われるため、現在は固く閉ざされています。
年季の入った扉には、向かって右に「麹室入口戸」、左に「大正九年 庚申十月吉日」*とあります。中央の貼り紙には「学を修め 技を極め 一(はじめ)に還る」と会長・吉川哲鮏(てっしょう)さんの文字。
※およそ百年前の扉です

%e8%8f%8c%e3%81%ae%e7%a5%9e%e6%a7%98

麹室の扉の上に祭られた、菌の神様。
こちらをはじめ、きっかわの店内には15基の神様が祭られているそうです。

%e7%94%91%e3%81%a8%e9%a3%af%e9%ae%a8%e3%81%ae%e6%a8%bd

写真右は、もち米を蒸すための甑(こしき)。
左には、麹を使うなれずしの一種「飯寿司(いずし)」を仕込む木桶があります。

%e9%ba%b9%e3%81%ae%e4%bb%95%e8%be%bc%e3%81%bf-2
麹造り「切り返し」の工程(写真提供:むらかみ・千年鮭 きっかわ)

きっかわの麹は「へぎ箱 とも蓋造り」という、昔ながらの一番手間がかかる製法で造られています。古式ゆかしい甑を用いた「蒸かし」に始まり、約40℃に保たれた麹室での作業を経て、その成長を見守りながら4日間かけて造り上げます。人の手と麹菌との協同作業ゆえ、いつも同じ工程というわけにはいきません。心を平らかにし、麹に対して「懸命に励むので、どうぞ協力してください」と語りかけながら取り組むそう。先に紹介した哲鮏さんの貼り紙には、麹に対して謙虚であるべきという戒めが込められているのです。

手をかけ、時間をかけ、麹と対話しながら造られる、きっかわの麹。
今回は、この麹を素にした、滋養に富んだ麹スイーツをご紹介します。

%e9%ba%b9%e7%94%98%e9%85%92

天然麹甘酒(180ml 367円・税込)

甘酒は『飲む点滴』といわれるように、天然のブドウ糖の甘みにビタミン・ミネラルがたっぷり。冬の飲み物というイメージがありますが、夏の季語にもなっているように、滋養豊富で夏バテ解消にもオススメです。きっかわの甘酒は、砂糖等の添加は一切なし。優しい甘みが胃の腑に染みます。

 

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a0%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%af

【右】Madam Kikkawa 麹のスイーツドリンク プレーン(180ml 399円・税込)
【左】Madam Kikkawa 麹のスイーツドリンク 生クリーム風味(180ml 420円・税込)

きっかわが手掛ける新ライン「Madam Kikkawa(マダム キッカワ)」。洋食好きの奥様のために、ご主人(きっかわ社長・吉川真嗣さん)が作った洋風鮭料理などのレシピをブラッシュアップ、商品化したものです。麹のスイーツドリンクもその一つ。プレーンはすっきりとした自然な甘み、生クリーム風味は芳醇でこくのある甘みが特徴です。

 

%e9%ba%b9%e3%83%97%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

Madam Kikkawa 麹プディング(420円・税込)

原料は、米麹・もち米・生クリーム・ゼラチンのみ。麹がつくり出す優しい甘みに生クリームのこくが加わることで、現代的で洗練されたスイーツに仕上がっています。

%e9%ba%b9%e3%83%97%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%8b%e3%81%91

米麹の粒もしっかり感じられます。

気の置けない仲間同士が集まる席の、ちょっと気の利いた手土産にいかがでしょう。
洋風スイーツがちょっと苦手…という方にもオススメですよ。

 

 

%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%82%8f%e5%a4%96%e8%a6%b3

むらかみ・千年鮭 きっかわ
所在地
 村上市大町1-20
電話番号 0254-53-2213
営業時間 9:00~18:00
定休日 元日
自店ウェブサイト

 

 

2016/10/14

十輪寺茶や 越後岩船家

%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%97%e5%9b%a3%e5%ad%90
ことし3月、村上市大町の町屋が改装され、二軒のお店がオープンしました。
一軒は、前々回に紹介した漆工房 じえむ
そしてもう一軒は、今回紹介する十輪寺茶や 越後岩船家です。

%e5%86%85%e8%a6%b3
店内には、まち歩きで疲れた方に、甘味とお茶で一服できる場所を提供したいと休憩スペースが設けられています。いろりを囲む椅子に腰掛け、お団子を片手にちょっと一休み、という風に利用してください。

今回は、十輪寺茶や 越後岩船家で人気のお土産品を紹介します。

%e5%9b%a3%e5%ad%90880
十輪寺串だんご(1本150円・税別)
県産コシヒカリを使ったもっちりお団子に、地元食材を用いたあんがたっぷり。みたらしにはてんや味噌醤油店のしょうゆ、みそには小林醤油店の十年熟成味噌、抹茶あんには常盤園の村上挽茶を使用しています。定番+季節の味を用意していて、現在は粒入りマロンあん(写真左から3番目)が並んでいますよ。

 

%e7%ac%b9%e3%81%99%e3%81%91
笹すけ(2個入り360円・税別)
大洋盛のさかすけ*を生地に練り込んだ、白い笹団子。抹茶あんと桜あんの二種類があります。冷凍されているので、自然解凍して召し上がってください。
※清酒を造った際にできる高品質で栄養価の高い酒粕に、独自の乳酸菌を加えて再発酵させたもの。高い栄養価はそのままに、機能性成分をたっぷり含んだ乳酸菌発酵酒粕です

 

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e6%bc%ac%e3%81%91%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88
至福の鮭茶漬けセット(926円・税別)
自社の田んぼで収穫した岩船産コシヒカリ2合(300g)、総合食品さいとうの「塩引鮭 粗ほぐし」、常盤園の村上茶(煎茶)の三つを組み合わせた商品。お茶漬けにしても、そのまま別々に食べてももちろんOK! 日持ちするので、お土産にも重宝します。

 


%e5%a4%96%e8%a6%b3
十輪寺茶や 越後岩船家
所在地 村上市大町3-24
電話番号 0254-52-2073(やまとのうさん)
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日
自店ウェブサイト

 

先頭に戻る