HOMEおすすめ特集むらかみやげ > 村上木彫堆朱

むらかみやげ むらかみやげ

新潟県村上市で生まれ
全国・世界で愛されている逸品の数々。
作り手の情熱、商品に込められた想い
などとともに紹介します。
※価格等の情報は取材当時のものです

 

 

こちらもご覧ください!
もらってうれしい・贈って喜ばれる
村上の定番土産といえばコレ!

 

%e9%ae%ad %e5%9c%b0%e9%85%92 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e8%8c%b6

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%9c%a8%e5%bd%ab%e5%a0%86%e6%9c%b1 %e7%be%bd%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83

 

2021/04/05

鈴木漆器店

%e3%81%91%e3%81%bc%e3%82%8a%e4%bd%9c%e6%a5%ad
最終工程の「毛彫り(けぼり)」。縫い針のような極細の彫刻刀を用い、細かなニュアンスを出していきます

 

力強さと緻密さが共在する彫り、幾度も漆を塗り重ね慎ましい光をまとわせる塗り。村上木彫堆朱の魅力は、この二つによって成り立っているといってもいいでしょう。今回は、村上市肴町の鈴木漆器店へおじゃまして、新たな取り組みやお土産に人気の商品について聞いてきました。
(取材日:2021年3月11日)

 

 

村上が誇る、伝統的工芸品の一つ


国(経済産業省)が指定する伝統的工芸品は全国に236品目(2021年1月15日時点)あり、村上市では羽越しな布と村上木彫堆朱の2品が指定を受けています。

 

%e5%a0%86%e6%9c%b1%e3%81%ae%e4%bd%9c%e5%93%81

村上では、昔から質のいい漆が採れたことに加え、江戸中期には武士のたしなみとして木彫が流行。それが町人の間にも広まって、技術が発展したといわれています。

 

現在では、堆朱・堆黒(ついこく)・朱溜塗(しゅだめぬり)・色漆塗(いろうるしぬり)・金磨塗(きんまぬり)・三彩彫(さんさいぼり)の6種の技法を「村上木彫堆朱」と呼んでいます。

 

%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e3%81%99%e3%82%8b%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93

今回伺った鈴木漆器店は昭和39(1964)年の創業、現在は2代目の鈴木伸也さんが店を継いでいます。村上では珍しく、彫りと塗りの工程を一人でこなす鈴木さん。「父(創業者の正さん)は彫師でしたが、店を持ち、自ら塗りもするようになりました。私は29歳で店に入りましたが、父とともに働き、彫りと塗りの両方やるのが自然なことでした。」

 

 

名入れで村上土産に付加価値を


%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93
鈴木伸也さん(撮影のためマスクを外しています)

店に入り、もうすぐ20年が経つ鈴木さん。伝統の村上木彫堆朱を作り続けるのと同時に、新たな漆器「SUMI・CO(すみこ)」(下記参照)の開発などにも取り組んできました。ことし3月にはレーザー彫刻機を導入、村上木彫堆朱の代表的なアイテムである箸に名入れができるようなりました。30分程で仕上がるので、その日のうちに持ち帰ることが可能です。

 

%e5%90%8d%e5%85%a5%e3%82%8c%e7%ae%b8

「うちの箸は4面のうち2面に雷紋が彫ってあり、残りの面にレーザーで名入れします」(鈴木さん)。その間は村上での観光を楽しみ、帰りに店に寄って完成品を受け取る    村上を旅した記念になる村上木彫堆朱の名入れ箸、贈り物にも喜ばれることでしょう。

 

【名入れ箸について】
1膳 4,400円・税込(箸3,300円+レーザー彫刻1,100円)
※箸は色(朱・黒)と長さ(23cm・21cm)が選べます。
※名入れ文字は書体(楷書体・明朝体など)と色(黒・赤・金・黄・ピンク)が選べます。

 

 

鈴木漆器店の村上木彫堆朱・漆製品


%e5%a7%ab%e9%8f%a1

姫鏡(6,600円~・税込)

村上木彫堆朱の伝統的な図案(草花や地紋)の他に、かわいい黒猫をあしらったオリジナルの姫鏡も。使うほどにつやが増し、愛着がわく品に育っていきます。

 

 

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%bd%ab%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%a0%b9%e4%bb%98

レーザー彫り根付(1,980円・税込)

均一な線彫りはレーザーならでは。手頃な値段でお土産にもオススメです。村上大祭の屋台の輪っか(車輪)、ハマナスといった村上らしい絵柄のほか、桜や波千鳥といった普遍的なものも。全6種類。

 

 

sumi%e2%97%86co

SUMI・CO(3,980円~・税込)

本来は漆器の下地材である炭の粉。これを漆を塗ったものの上にまき、さらに漆をすり込み仕上げます。焼き物のような硬質な見た目と漆器の軽さを併せ持った新しい器。中性洗剤で洗えるので普段使いできます。

 

 

レーザー彫り根付は村上市内の下記施設でも取り扱っています。
駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」
イヨボヤ会館
おしゃぎり会館(村上市郷土資料館)

 

SUMI・COは下記のお取り寄せサイトからも購入可能です。
https://shop.ng-life.jp/suzukishikki/0299-001/[外部リンク]新潟直送計画

 

 

 

鈴木漆器店
所在地 村上市肴町8-10
電話番号 0254-52-4443
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
公式サイト http://suzukishikki.jimdo.com

 

2017/06/26

小杉漆器店

経済産業省が指定する「伝統的工芸品」の一つ、村上木彫堆朱
精緻な彫りと奥深いつやが特徴であり、村上を代表する特産品の一つです。

今回は、村上木彫堆朱を扱う老舗・小杉漆器店におじゃましました。

%e5%90%8d%e9%8c%b2_%e4%b8%ad%e8%ba%ab

小杉漆器店は江戸年間の創業といわれ、村上では最も古い漆器店です。
上記写真は、明治25(1892)年発行『日本全国商工人名録』の一ページ。
写真中央、漆及漆器商の欄に小杉祐次郎(十代目)の名前があります。

現在は十四代目・小杉和也さん(塗りの伝統工芸士)が店を守ります。

%e5%b0%8f%e6%9d%89%e5%ae%b6_%e8%8c%b6%e3%81%ae%e9%96%93

店舗奥の小杉家の客間。梁や床の間など、木材部分には全て漆が塗られています。
およそ150年もの時を経た茶棚や50年前の座卓など、小杉家が代々受け継いできた名品が並びます。

%e5%b0%8f%e6%9d%89%e5%ae%b6%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%ae%9d

村上の名工たちが手掛けた本堆朱*の名品もずらり。
※木地に彫りを施し、漆を塗り重ねる村上木彫堆朱に対し、厚く塗り重ねた漆に彫りを施したもの

この客間は、村上の漆文化を伝えるミュージアムといっても過言ではありません。
お時間のある方は、ぜひ客間ものぞいてください。
※混雑時等、見学できない場合もあります

 

さて、今回は小杉漆器店にてお土産にオススメの村上木彫堆朱を探してきました。

%e5%a7%ab%e9%8f%a1

姫鏡・姫手鏡(6,480円~・税込)
女性へのお土産に人気の姫鏡・姫手鏡。
古典的な文様や植物柄の他に、こけし(写真左下)のようなポップな図柄も。
年代を問わず、さまざまな方に喜ばれそうです。

%e3%81%90%e3%81%84%e5%91%91%e3%81%bf

ぐい呑み(5,400円~・税込)
こちらは、男女問わずに人気のぐい呑み。
多彩な形・彫り・塗りから、お好きなものをお選びください。
持ち運びに便利なぐい呑み袋(写真奥/500円・税込)も併せてどうぞ。

%e5%a0%86%e6%9c%b1%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9

朱玉のネックレス(3,700円~・税込)
艶のある朱玉はインパクト十分。シンプルな装いのワンポイントにいかがでしょう。
チェーン部分もオニキスや正絹の組紐、本皮、ビーズなど多彩です。
村上を訪れた記念に、自身のお土産にするのもいいですね。

 

また、小杉漆器店では越後上布と村上木彫堆朱がコラボしたブローチ
越後上布村上木彫堆朱ブローチ」(仮称)を、村上では唯一取り扱っています。

%e4%b8%8a%e5%b8%83x%e5%a0%86%e6%9c%b1%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81

ことし6月、越後上布(ユネスコ無形文化遺産・国重要無形文化財)と村上木彫堆朱(国指定伝統的工芸品)を組み合わせた「世界初の伝統工芸コラボ製品」が完成し、大々的に発表されました。それが「越後上布村上木彫堆朱ブローチ」(仮称)です。

サイズや彫り、越後上布との組み合わせもさまざま。
数に限りがあるので、気になる方はお早めに……。
彫りなし・小(8,000円・税込)
彫りなし・大(8,500円・税込)
彫りあり(9,500円・税込)

 

 

%e5%b0%8f%e6%9d%89%e6%bc%86%e5%99%a8%e5%ba%97_%e5%a4%96%e8%a6%b3880

小杉漆器店
所在地 村上市長井町1-9
電話番号 0254-52-2037
営業時間 9:00~18:30
定休日 不定休
自店ウェブサイト

2016/11/15

URUSHI OHTAKI

%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%ad%e7%9c%8b%e6%9d%bf
村上市上片町    
商店や住居が軒を連ねる一角に、飛び切り目を引くモダンな建物があります。

%e5%a4%96%e8%a6%b3
こちらは、URUSHI OHTAKI(ウルシ・オータキ)の店舗兼ギャラリー。昭和60年の道路拡張の際に建て替えられ、外観はオランダ出身の画家・モンドリアンの「三原色と無彩色による構成」からインスピレーションを得たものだそうです。

%e5%86%85%e8%a6%b3
店内1Fは、村上木彫堆朱をはじめ、色鮮やかな漆芸品の数々が並んでいます。
%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%99%a8

 

%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc
2Fはギャラリー。現店主であり、三代目の大滝豊さんとその父・源一さんの作品を中心に展示しています。

%e4%bd%93%e9%a8%93%e4%bd%9c%e5%93%81
また、2Fでは「漆はし塗り体験」と「漆絵付け体験」の製作体験も行っています。
どちらも3日前までに申し込みが必要です。村上の旅の思い出に、ぜひ挑戦してみてください。

今回は、URUSHI OHTAKIで村上のお土産にオススメの漆芸品を探してきました。

%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%b3
城山ペアスプーン(サイズ大・小2種類あり 各1,000円・税込)
柄の部分に村上城跡の石垣をイメージした、金銀の蒔絵を施しています。
朱と黒がセットになっており、サイズは大と小があります。

 

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
コンビネーション・プレート(一枚 3,500円・税込)
茶たくと銘々皿を組み合わせた、モダンなデザインのプレート。黒漆の艶に、温かみのある植物の絵がよく映えます。描かれている植物は、ドングリ・イチョウ・山ブドウ・山帰来(さんきらい)・カヤツリ草・ツタ・竹の7種類です。

 

%e8%8f%93%e5%ad%90%e7%9a%bf
会席皿(一枚 5,500円・税込)
温もりが感じられる、ぽってりとしたフォルム。朱には白梅、黒には紅梅が描かれています。会席料理を盛り付けたり、菓子皿として普段使いもできます。

 


%e5%a4%96%e8%a6%b3
URUSHI OHTAKI
所在地 村上市上片町2-32
電話番号 0254-52-6988
営業時間 9:00~18:00
定休日 第2日曜日
自店ウェブサイト 

 

先頭に戻る