HOMEおすすめ特集むらかみシュラン > 村上市片町「肴料理 梅幸」の『Kimama’s Kitchen』でランチ

むらかみシュラン むらかみシュラン

 

村上市のおいしいモノを実食レポート
※メニュー・価格等は取材当日のものです※

 

2022/11/25

村上市片町「肴料理 梅幸」の『Kimama's Kitchen』でランチ

%e6%96%99%e7%90%86%e9%9b%86%e5%90%88

 

今回は、村上市片町の肴料理 梅幸(うめこう)へ。仕出しや弁当(要予約)、夜は宴会もできる(おっちゃんも2階お座敷に何度か上がりました)料理店ですが、水・木曜日限定でランチもやっていると聞き、こちらの3人でおじゃましました。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93 5656p %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_%e3%81%99%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%8a

 

%e7%9c%8b%e6%9d%bf%e6%96%87%e5%ad%97%e5%85%a5%e3%82%8a

お目当てのランチは、梅幸の女将さんがプロデュースするKimama's Kitchen(きままキッチン)が手掛けています。地元で採れる旬の食材を使って、女将さんがその日の献立を考案、ご主人と協力しながらお母さんの味・家庭の味を意識した料理を提供しています。

Kimama's Kitchenのメニューは、「きままランチ」(1,300円・税込)の一つだけ。この日の献立は、ご飯・豚汁・刺し身・春巻き・炒り豆腐・コールスローサラダ・アケビの肉詰め・漬物、食後にデザートとコーヒーが付いています。
※一番上の写真をご参照ください

 

%e3%82%a2%e3%82%b1%e3%83%93

お膳が到着して、おっちゃんが最初に手をつけたのはアケビの肉詰めでした。最近は山歩きをしていなかったので、アケビを拝んでいませんでした。「これは!」とうれしくなり、久しぶりの初物に食らいつきました。アケビ独特の苦みは上品に処理されていました。おいしかったです。

 

%e6%98%a5%e5%b7%bb%e3%81%8d

次は春巻き。中身は、キャベツ・ひき肉・春雨です。エビの頭の素揚げが添えられており、女将さんは「くまで」と言っていました。小さな熊手でお客様を招き寄せているのでしょうか。サクサク感とともに軽い塩味が口の中で踊ります。春巻きは、練りからしを付けることによってツンとした大人の味になりました。

 

%e5%85%a5%e3%82%8a%e8%b1%86%e8%85%90

炒り豆腐には、ヒジキ・ひき肉・ニンジン・シイタケが入っていました。「豆腐に鎹(かすがい)」ではなく、しっかりと噛み応えがあります。その他の具材にも、しっかりと味が染み込み、優しい味わいでおいしかった。

 

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

コールスローサラダには、旬の白菜とリンゴが使われていました。リンゴのシャキシャキ感・甘みを感じ、口の中がサッパリしました。

 

%e8%b1%9a%e6%b1%81

豚汁は、ひと口大に切りそろえられた具材に味がよく染みています。私にとっては懐かしい、田舎風の豚汁に感じました。

 

%e5%88%ba%e3%81%97%e8%ba%ab

刺し身は、トラウトサーモン(手前)とブリ。どちらも脂がのっていて、特にトラウトには甘みが感じられました。添えられた菊花とキュウリの色合い・食感に、料理人の技と心を感じました。

 

%e3%81%94%e9%a3%af

ご飯は新米の岩船産コシヒカリ。炊き方もいいのでしょう、米粒に輝き・粘りがあります。おかずなしでも十分おいしいご飯でした。

 

%e6%b5%85%e6%bc%ac%e3%81%91

漬物は、薄くスライスされた人参とカブ・キュウリでした。あっさり薄塩ですが、野菜のうま味が感じられる、歯応えのある漬物でした。

 

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%83%87%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%88

食後には、コーヒーとデザートが出てきました。デザートはイチジクのゼリーで、器の底にイチジクのコンポートが一粒入っています。薄紅色のゼリーをひと口食べて、甘党のおっちゃんはもう参りました。絶品の味です。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

具だくさんな豚汁やお刺し身、炒り豆腐など品数も多く、季節の食材はもちろん、地元の野菜がたっぷり使用されていて、心も体も喜ぶランチでした。おなかいっぱいになりました。

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%82%b8%e3%82%af%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

食事の最後に、コーヒーと私の大好きなイチジクのコンポート入りゼリーが出てきて、幸せなランチになりました。

5656p

 

お盆の上にいろいろな色・形の器が載せられ、その一皿一皿に趣向を凝らした料理が丁寧に盛り付けられています。使われている食材は季節のもの・地のものが主で、それが華美ではなく、かといって田舎風でもない、家庭的でホッとする料理ばかりです。何度でもいただきたい、心温まるランチでした。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_%e3%81%99%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%8a

 


%e7%95%b3%e3%81%ab%e6%a4%85%e5%ad%90%e5%b8%ad

%e5%86%85%e8%a6%b3

梅幸は、町屋を利用した店で間口は狭くても奥行きのある造りです。2019年に1階を改装し、現代の生活様式に合わせてテーブル席を多く設けました。仕切りを使えば個室のように利用でき、家族や友人同士で気兼ねなく食事が楽しめます。

 

夜(肴料理 梅幸)のメニューはこちら。

%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc1

%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc2

お酒にピッタリのコース料理・一品料理がそろいます。

 

%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc4

オードブルや弁当、仕出し料理(要予約)もあります。

 


 

季節の味わいと色合い、料理人を含めたスタッフのおもてなし・優しい人柄まで感じることができた「きままランチ」でした。日頃、同じような食材・調理法で粗食ばかりのおっちゃんには、使われている食材の多彩さ・一皿ごとにちょうどいい量が盛られていることで視覚的にも満足感を得ることができ、満喫して店を出ました。

当日は、われわれの他にも女性グループが「きままランチ」を楽しみ、交流を深めていてにぎやかでした。肴料理 梅幸とKimama's Kitchenのますますのご繁盛を祈念しています。

 

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3

肴料理 梅幸(うめこう)
所在地 村上市片町6-3
電話番号 0254-52-7605
営業時間 18:00~22:30(Lo 22:00)
定休日 日曜日
駐車場 約10台分

公式サイト
https://localplace.jp/t100144245/

 

気まま料理の店
Kimama's Kitchen(きままキッチン)
営業日 水・木曜日
営業時間 11:00~14:00(Lo 13:00)
※予約がなくても利用できますが、数に限りがあるのでお問い合わせの上でお出かけください

 

 

最新の記事

先頭に戻る