HOMEおすすめ特集 > 昔のことせ! ~村上むかし語り~

昔のことせ! ~村上むかし語り~ 昔のことせ! ~村上むかし語り~

村上の昔のことを、あれこれと語ります。

 

< 過去の記事はこちら >

2018/11/01

118 急激に変わる村上城下

(絵図1)

%e6%80%a5%e6%bf%80%e3%81%ab%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e6%9d%91%e4%b8%8a%e5%9f%8e%e4%b8%8b1



(絵図2)

%e6%80%a5%e6%bf%80%e3%81%ab%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e6%9d%91%e4%b8%8a%e5%9f%8e%e4%b8%8b2

 

「初期の村上城下」を本紙(『むらかみ商工会議所ニュース』のこと)に掲載したはじめは2009年。絵図1は、慶長2(1597)年の村上城と城下町の姿を描いたもので、絵図2はその約21年後に描かれたものである。その間、いかに大変貌を遂げたか、この図によっても明らかである。

 

山上の城には石垣が築かれ、城下には二の丸や三の丸の堀、各要衝には桝形(ますがた)を備えた門が建つ。城下の表玄関口を南西として北国道につなげ、裏玄関口の桝形を東北に設けて出羽道につなげている。いまだ久保多町は名のみである。片町は堀片(ほりかた)のところである。

 

村上城下町の寛永12(1635)年である。

 

 

 

大場喜代司
『むらかみ商工会議所ニュース』(2017年11月号掲載)村上市史異聞 より

 

先頭に戻る