HOMEおすすめ特集 > 昔のことせ! ~村上むかし語り~

昔のことせ! ~村上むかし語り~ 昔のことせ! ~村上むかし語り~

当コンテンツは村上商工会議所が毎月発行する
「むらかみ商工会議所ニュース」で連載中の
『村上市史異聞』を転載したものです。

 

 

著者である大場喜代司先生が
村上の昔のことを、あれやこれやと語ります。

 

%e6%98%94%e3%81%ae%e6%98%94%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%9b%ef%bc%81420x236 
2008~2015年に書かれたものはこちら。

2022/01/01

156 村上城 市内門

%e5%b8%82%e5%86%85%e9%96%80_%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88

%e7%8f%be%e5%b8%82%e5%86%85%e9%96%80_%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%e3%81%bf

%e5%b8%82%e5%8f%b2%e7%95%b0%e8%81%9e%e5%9c%b0%e5%9b%b3

 

いちない門か、しない門か、いずれが正しい呼称か判然としない。『村上御城郭(むらかみごじょうかく)』にも、ただ「市内門」と書くだけである。場所は、城山の裏の麓にあり、門の内側には数棟の侍屋敷がある。その侍屋敷の奥に、現大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)が立っている。

 

この門の役目は、城山の東麓、すなわち搦手(からめて)を守るためで、田口屋敷の田口は古くからの地名で、現在もその名は残る。田口屋敷の住人は、市内門の門番や警護の任にあった中小役人の住居である。門の規模は2間半に4間、窓3カ所とあるから、耕林寺門とさして変わらない。榊原15万石当時(元禄年間/1688~)の住居は、伊奈左太夫250石が組頭であろう。田口門のすぐ内側にいて、その他14人の名が見える。

 

外郭の堀は、国道7号の東崖下を現アテーナ付近からホームセンタームサシの駐車場を経て、シュープラザ付近まで達していた。城の建設当時(江戸時代初期)は、防備上重要視された地域であったゆえの防御施設であったが、平和な江戸時代後期になると必要性の薄い場所となり、また家臣の削減から田口屋敷の軒数はごく少なくなってしまう。

 

絵図に描かれる門の左には土塁が連なり、右側は城山麓の山塊(さんかい)を土塁に利用した造りになっている。そのすぐ下を流れる水路は現在も清冽(せいれつ)である。

 

 

大場喜代司
『むらかみ商工会議所ニュース』
(2021年2月号掲載)村上市史異聞 より

 

目次

先頭に戻る